ご報告(その2) NHK首都圏ネットワーク出演 3/3(木)
2016年02月28日 (日) | 編集 |
3/3(木) 夕方 6時10分 「NHK 首都圏ネットワーク」にて
   当会の活動と品川区の取り組みが紹介されます。

      ※急きょ番組内容が変更になることもあります。

2011年 春
   3.11 発災以降、東京でも不安な日々が続いていました。

     おしゃべり会では、もし今被災したらという話題が多く、
     食べるものがあるか、食べられない事を伝えられるか、
     アナフィラキシーを起こしたらどうするか、
     ぜん息やアトピー性皮膚炎の悪化、治療の中断への不安

     それぞれが、沢山の不安を持っている事がわかりました。

2011年 秋
   品川区の助成により自主企画の連続講演会(全5回)を開催。
   地域の防災や備蓄について学ぼうと、
   最終回を、防災に関するテーマを取り上げました。

   当時品川区防災課の係長だったS氏に講師をお願いし、
   (主治医の食アレ講演会に出向いて勉強して下さいました)
   医師にも打ち合わせ段階からメンバーに入っていただき、
   他に東京都職員、患者会代表者、という4人の講師陣により、
   講演会は大変学び多き機会になりました。

   私達がよく知らなかった「防災・備蓄の知識」
   行政がよく知らなかった「食アレ児が困ること」

   まずは、お互いの立場を理解して、現状を知ることから。
   「慈愛の精神を持って」という合言葉が生まれるほど、
   和気藹々とした講師陣でした。

この春からは
  品川区の事業にエントリーさせていただき、
  月に1回、こどものアレルギー疾患をテーマに、
  おしゃべり会や講演会を開催したいと考えています。
  詳しくは4月以降にお知らせしますので
  楽しみにしていてください。

・・・番組がどのようになるのか・・・ドキドキです。