アレルギー週間記念企画中央講演会2/22@永田町
2015年02月11日 (水) | 編集 |
今日はアラジーポット主催講演会を聴講し、

西間先生、斎藤先生から、普段はとても聴く機会の無い、
研究や法案に関する貴重なお話を伺う事が出来ました。

今井先生は、いつものご講演の内容を、(はしょりながら)
猛スピードでお話下さいました。

質疑応答にも・・・
先生方は、超本音で回答して下さったと思います。

休日なのに足を運ばれた教育関係者の方、ありがとうございます。
どうか先生方のご努力がガイドラインと一致して、いつか必ず報われますように!

患者保護者の皆様、

先生方のご講演に勇気づけられ、また、
質疑応答では主治医とのコミュニケーションの大切さを感じられたことと思います。

今の治療で不安な事は、今の主治医に思い切ってお尋ねしてみましょう。
納得できない時には、セカンドオピニオンという道があります。

子どもの人生はまだまだ先が長いです。


・病院が遠くても、待ち時間が長くても、人生の長さを考えると
正しい診断をして下さる先生にかかることが結局一番の近道です。

・そして、本当に除去が必要かどうか整理してみましょう。

・正しい情報、新しい情報は、公的機関から発信される事も知っておきましょう。


そんな思いを、今一度、確認できた今日の講演会でした。

このような機会を作って下さったアラジーポットさんと、
お忙しい中、限られた時間の中、出来る限りの発信をして下さいました
講師の先生方に感謝しています。

来年もぜひ、今日のような素晴らしい学びの機会をいただきたいと思います。

ありがとうございました。


近々のイベント情報ですが・・・


2/22(日)砂防会館(永田町)
「アレルギー週間記念企画中央講演会」


があります。

主催/環境再生保全機構・日本アレルギー協会

チラシはこちら↓
クリックしてください

小児気管支ぜんそく
成人気管支ぜんそく
花粉症最新治療
食物アレルギー治療の現状と未来
パネルディスカッション

という内容です。

成人の喘息も増えています。
専門中の専門医から、正しく学びましょう。
体力が無くなっていく自分がどうしていくのか、
考えるきっかけになればと思います。